〒252-0334
神奈川県相模原市南区若松2-2-4

© 2018 by 栄養サポートネットワーク合同会社

管理栄養士
初任者研修

新採用となった管理栄養士が、所属する組織で自律して職務を果たすことができるようになるための研修です。管理栄養士の職業倫理、専門職としての実務上の心構え、事業目的に沿った事業計画の作成から、行動科学に基づくライフスタイル改善のスキル取得、事業評価等を網羅したカリキュラムを作成し、実施します。

管理栄養士
スキルアップ研修

栄養相談や特定保健指導の成果をさらに向上させるためにカリキュラムを作成し実施する研修です。ライフスタイル改善を促すためのアセスメントから目標設定、モニタリング、評価まで体系的にブラッシュアップし、演習や事例検討を交えて実践力、速戦力を養います。

特定保健指導

メタボリックシンドロームのリスクを低減できるということを科学的に実証できたPSMetSプログラムは特定保健指導に活用できます。特定保健指導従事者が保健指導で成果を導くための実施手順と方法について、PSMetSプログラムを用いてお伝えします。アセスメントの演習、事例検討などを含めた研修も可能です。

Archives 2015年8月「福島県「健診・保健指導実践者育成研修で講師を務めさせていただきました。

疾病の発症・
重症化予防

糖尿病の血糖コントロールのため
の SILE プログラムは“HbA1c 値を
改善できる“という科学的エビデンスが得られています。

 

SILE プログラムの実施手順の他、「10 分で行うアセスメント」や「行動変容の評価方法」など成果を出すために必要なポイントをお伝えします。
複数回の研修や演習、事例検討な
どを含めた研修も可能です。

 

兵庫県国民健康保険団体連合会の研修会を担当させていただきました。

新潟県栄養士会医療部会春期研修会 「ライフスタイル改善の成果を導くエンパワーメントアプローチ」をテキストに研修会を実施しました

平成29年度たくさんの出会いがありました「SILEプログラム」を知っていただいた方はこの1年で1,000人を超えました

介護予防教室

地域支援事業の中に一般介護予防事業として「介護予防教室」の開催があります。介護予防の六領域(運動機能向上、口腔機能向上、栄養改善、認知症予防、閉じこもり予防、うつ予防)を視野に入れて、いつまでも栄養状態を維持するための「栄養講座」を担当します。高齢者支援センターが安心して教室運営ができるよう4つのプログラムを用意しています。

​教室の様子

教室の内容​

在宅での栄養管理

「低栄養者の早期発見と対応」、「疾病を持つ高齢者の栄養管理」、「摂食嚥下障害に対する栄養管理」等、管理栄養士以外の職種が在宅療養者の「栄養」問題に遭遇した場合の予備知識や他職種にもできる対応策をお伝えします。

Archives 2013年9月「在宅医療・介護で管理栄養士への期待は高まっています!」

管理栄養士の起業・地域連携

管理栄養士は今やいろいろなアイディアで自立した活動を行うことができます。その活動を生業とするための「起業」に関するノウハウと事業経営や依頼があり続ける工夫等の話題を提供します。

また、“地域包括ケアシステム”、“管理栄養士”、“多職種連携”、“在宅訪問” 等々をキーワードに、地域における「食」に関わる課題とその対応の可能性をお伝えします。

Archives 2016 年 12 月「静岡県立大学主催「超高齢社会の地域を支えるチームづくり」

Archives 2015年8月「「地域に根差した栄養士の活動」 福島県栄養士会で講演しました

Archives 2015年1月 「『栄養士の起業』長崎で講演させていただきました」

健康経営

企業の従業員の健康増進・疾病の発症・重症化予防で企業の生産性の向上をめざす「健康経営」*に「食」がどう関われるのか、わが国にも活用できる海外事例を豊富に紹介しつつ、自社にできる第一歩を考える機会を提供します。

*「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

Archives 2015年12月「平塚保健所「健康経営」について講師を務めさせていただきました」

Archives 2015年7月「「健康経営」セミナーで講演させていただきました」

【法人様向け】

管理栄養士
初任者研修

新採用となった管理栄養士の方々
のための研修です。管理栄養士の
職業倫理、専門職としての実務上
の心構え、事業目的に沿った事業
計画の作成から、お客様や対象者
との実務的なカウンセリング方法
等、具体的な御要望に応じた内容
で行います。

管理栄養士
スキルアップ研修

栄養相談や特定保健指導の成果をさらに向上させるためにカリキュラムを作成し実施する研修です。ライフスタイル改善を促すためのアセスメントから目標設定、モニタリング、評価まで体系的にブラッシュアップし、演習や事例検討を交えて実践力、速戦力を養います。